ジンカクテルの古典「トム・コリンズ」

blog tom collins
Bar foxyの矢吹です
運動会シーズンが終わり、益々秋の季節へと入り風が心地よくなってきましたが
体調はいかがでしょうか?
そんな私は先日京都の縁結びの神・地主神社で買ったお守りを日々持ち歩いてるためか
徐々に心が穏やかになり始めました。
今現在縁結び効果はありません…

ではでは、今回オススメのカクテルをご紹介したいと思います。

今回私がピックアップしたのは「トム・コリンズ」です。
トム コリンズにはいくつか特徴があります。
お店ではオールド・トムジンを使用しております。
トムジンは通常のドライジンより少し甘めに作られています。
ドライジンで作る場合は、少しシロップを多目に調合します。

またトム・コリンズのもう一つ目の特徴はグラスです。
円柱型のロンググラスであるコリンズグラスを使用しており、
このグラスはレシピの一つに含まれています。
作られている際は然程感じないのですが、
グラスを目の前にするとグラスの細長さが
他のロンググラスと比べても違うのが一目瞭然です。

お店でははトム・コリンズはビルドで作ります。
実はトム・コリンズのオリジナルカクテルが生まれた時は
シェイカーが存在していなかった為シェイクはせずに提供していたそうです。

トム・コリンズは私のお気に入りのカクテルジンフィスとレシピは
オールド・トムジンを使用する以外は同じなんですが
トム コリンズのファーストタッチはシロップの甘味が広がり
その後からジンのキリッと感とレモンの酸味が徐々に出てくる
私の好きなジンフィスと飲み比べてみると
トム・コリンズはファーストタッチの甘味が高い。
度数の高いジンが苦手な方でも喉通りもスムーズで
飲みやすいカクテルとなっているのでどんどんビタミンを摂取しながら飲めますよ。
口当たりが爽やかでさっぱりしているので
心地よいこの時季にはオススメのカクテルです。